長野市で車検をするなら昭和自動車 > ブログ > スタッドレスタイヤの準備はお済みでしょうか?

スタッドレスタイヤの準備はお済みでしょうか?


10月になり、今年もあと残すところ3カ月をきりました、、、早いですね(・_・;)


寒くなってくると雪道走行の不安が頭をよぎります・・・


 


雪道の安全運転にはスタッドレスタイヤの点検が欠かせません


磨耗しすぎていたり、劣化によるヒビがあると安全なタイヤとは言えません・・・


タイヤ交換の前に、スタッドレスタイヤの点検をしましょう!!


 


①スタッドレスタイヤの状態を一目で確認!プラットホームをチェック!


 


プラットホームとはタイヤの溝にある目印です。↓


 


タイヤ1 - コピー


少し斜めから見ると・・・


路面に接する部分の高さの半分くらいの高さで段があります。これがプラットホームです。


 


たいや2 - プラットホーム


 


 


磨耗してくると、路面に接する部分がプラットホームの高さとあまり変わらなくなっていきます。


タイヤ3


路面に接する部分とプラットホームの高さが同じになるまで磨耗してしまうと、


スタッドレスタイヤとしての寿命といえます。


タイヤ4 - コピー


 


ちなみに!プラットホームはどこにあるのか探すときは・・・


タイヤ側面のホイールとの境目付近に↓このような目印があり、この矢印の先をたどっていくと


溝の中にプラットホームがあります!


探してみてくださいね!!


タイヤ→ - コピー


 


②ゴムの劣化によるヒビをチェック!


走行距離が少なく、摩耗していないタイヤでも、時間の経過により劣化が進みます。


劣化するとゴムが硬くなり、タイヤのグリップ力が低下して、効きが悪くなり危険です。。。


硬くなったタイヤにはヒビが発生します。


タイヤひび - コピー


特にサイド(路面に接していない側面の部分)のヒビはバースト(タイヤの破裂)の原因となりますので


注意が必要です。


 


 


※スタッドレスタイヤの寿命は最適な保管状態(直射日光・熱・雨水を避ける、など)によって


一般的に3~5年と言われていますが、あくまで目安であり、使用状態によっても異なりますので、


日常から点検をおすすめします!


 


※プラットホームとは別に、タイヤ自体の使用限界を表す目印の「スリップサイン」というものもあります。


△の先をたどっていくとプラットホームと同じように溝の中に段があり、目印となっています。


スリップサイン 丸付き


ノーマルタイヤや、スタッドレスタイヤをはきつぶしで使用されている方など、磨耗具合をチェック


してみてください!


 


 


スタッドレスタイヤを新しくしたいとお考えの方、ホイールを変えたい方など、


タイヤのサイズとご希望のメーカーを伺えれば、お見積りさせていただきますので


お気軽にご相談ください!


朝晩は寒くなってきましたので皆様体調にお気をつけください(^_^)


 


~お得な特典付き車検のご案内~


車検料金 (法定費用・消費税含む)


軽自動車 52,930円


普通乗用(重量1t以下) 65,870円


普通乗用(重量1t超~1.5t以下) 75,100円


普通乗用(重量1.5t超~2t以下) 84,330円


普通乗用(重量2t超~2.5t以下) 93,560円


※新車登録から13年以上経過した自動車は上記価格と異なりますのでお問い合わせください。


※点検に伴う不良個所の追加整備・交換部品等の費用は別途料金になります。


♪車検予約時に『ホームページ見た』と言っていただくとJCBギフト券2,000円分プレゼント♪